カテゴリー別アーカイブ: 初めての事故

買ったばかりの中古車で事故を起こした

私は買ったばかりの中古車で家族と一緒に旅行に行く事になりました。旅行する先が自宅から300km以上離れている場所だったので高速道路を使うべきだったのですが、時間に余裕があったのもあり高速料金を節約しようと自分の判断で片側2車線の幹線道路が多いので途中まで下道で行こうと思い家族もそれに了承してくれました。

いつも走りなれている道を過ぎ違う県に入った時はカーナビの従う通りに走行していましたが、さすがに下道だと時間はかかるのでそろそろ高速道路に入ろうとナビを高速道路経由で行くようにセットをしました。するとナビは最短距離を選択した為に幹線道路から外れた生活道路を抜けるルートが選択され私は案内に従って走行をしました。

そして信号のないT字路に差し掛かった時に私が左折をしようとした所、横から来ている直進車に気付かなかったので相手の車は私の車の後ろ側に衝突してしまいました。低速だったのですが、ものすごい重みもある衝撃でドンと言う音がして車は少し吹っ飛ばされる感じで移動しました。

すぐに相手の車のドライバーがなぜ入ってきたの?と怒られてしまいました。とりあえず警察を事故処理の対応をし2名の警察官がお互い別々に事故の状況を説明をして対応をし、結果的に私が左折をする時に直進車の確認をしなかったことは事故の衝突からも警察はわかっていました。

警察の対応が終わりとりあえず保険会社でお互い交渉しようと解散することになりました。車は幸いにも凹みができたのですが低速時の衝撃だったので、自走は可能でそのまま旅行を続けることにしました。すぐに安全な近くのコンビニに停車して保険会社に連絡しました。

もしナビの設定を道幅優先にしたり、最初から高速道路で行っていれば事故を起こしていなかったかもしれません。知らない道を走る時はかなり危険だと言うことを認識させられました。
乾燥肌にいいクリーム

はじめての事故を経験

数年前の出来事なのですが、通勤途中に車を運転していたら、突然「どん!!」という大きな音と衝撃がありました。一瞬なにが起こったかわからなくて、地震かと思って焦ったんですが、ふと後ろを振り返ってみると、後方の車の運転手さんがジェスチャーで路肩に寄るように促していました。

その時初めて、後ろから追突されたということに気が付いたんです。とても気持ちが焦っていたのですが、相手は偶然にも知人だったのですよね。誠心誠意謝罪していただいたので、腹は立たなかったのだけれど、なんdか首がいたいような気がしてそのまま受診させてもらうことにしました。

このような場合は、相手の保険を使って車を直したり私の治療費を出してもらったりするのですよね。私の場合には、車に追突された衝撃で、詳しく部品の名前はわからないのだけれど、車の中心部が曲がってしまったらしいのです。外見にはわからないし、乗っていても不都合はないのだけれど、将来車を売るとき、下取りするときに査定額が下がってしまう恐れがあるということでした。

また、購入して1か月の車だったということもあり、慰謝料が多めにでましたよ。身体が一番なのですが、お見舞金が出るというのは助かることもありますよね。

やっぱり任意保険は正しく選ぶことが大切ですね。