昔アリストに乗ってた時にやってしまった・・・

昔アリストという車を乗っていたときの話です。

その当時私はまだ10代で、タイヤなんてただ履いていればイイヤくらいの怖いもの知らずで溝も無くなり、タイヤから糸が見えているのに気にせずに走っていました。そのくせホイールは18インチの値段の高いのをつけていました。いつも通り国道を走っていると、いきなりガタガタという物凄い音がしてきました。

これは何かまずい事になったぞと車を道横に移動し降りて見てみると、タイヤが避けて空気がダダ漏れ状態でホイールを削って走っているような状態でした。誰かを呼ぼうにも任意保険なども入っておらず、お金も無かったのでレッカーを呼ぶことも出来ませんでした。どうしようかと考えた結果あろうことかガソリンスタンドまでこのまま走ろうと考えてしまいました。

ガソリンスタンドまで1キロ近くありましたがハザードを点けてガタガタとホイールを削りながら走りました。ガソリンスタンドに着いた時にはホイールはもう使い物にならないくらい変形してしまいました。

ガソリンスタンドの店員さんも唖然としながらも、快くその場で予備のスペアタイヤに交換してくれました。結局その後、お金を貯めてホイールとタイヤ全部交換しました。あの時ガソリンスタンドまで走っていなかったらタイヤ交換だけで済んだと思うと後悔しかありません。それ以来タイヤは溝が無くなって来たら気をつけて早めに交換するようにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>